概要

ウルトラスローモーションカメラ Hi-Motionシリーズ

放送分野向けフルHDウルトラスローモーションカメラとしてナックが開発した「Hi-Motionシリーズ」は、2005年の開発以来日本を始め欧米でも広く導入され、オリンピックやワールドカップ等の世界規模のスポーツ中継を始めとした世界中の放送分野で広く使用され多くの実績を上げました。第一世代のHi-Motionは最大20倍速のウルトラスロー撮影が可能で、高品位なウルトラスロー映像はスポーツ中継をより効果的に演出すると共に多くのエンジニアやプロデューサーから支持されています。また、他に類を見ないHi-Motionシリーズの特徴として、その特徴有るシステム構成や仕様を外して考えることは出来ません。Hi-Motionシリーズはウルトラスローモーションカメラとしては世界初の3板式センサー方式の採用、業界標準のB4レンズマウントの標準搭載を実現した他、CCUを始めとした各種ハードウェア構成から操作系に至まで、放送の現場で日常的に使用されているノーマルカメラ(ENGカメラ)と同等のシステム構成を採用しています。そのため、放送の現場で違和感なくワークフローに組み込むことが可能となり、技術者や設備やへの負担を掛けずに直ちに運用が可能です。こうした数々の実績によってHi-Motionシリーズは、放送業界に於ける「ウルトラスローモーションカメラ」としての地位を確立しました。

新型ウルトラスローモーションカメラ 「Hi-MotionII」リリース

Hi-Motionシリーズは幅広いユーザーからの支持に応えるため常に進化し続けます。世界中で運用されているHi-Motionの運用実績から得た数々のノウハウをフィードバックし、更に機能・性能を高め、Hi-Motionはより洗練されたシステムに生まれ変わりました。新型ウルトラスローモーションカメラ「Hi-MotionII」は撮影速度の向上はもちろんのこと、Hi-Motionシリーズの特徴である高画質=放送画質での収録機能を最大限生かすため、スロー映像の送出と同時にライブ映像の常時出力に対応しました。この他にもスローモーション映像の再生中でも同時に録画が可能になるなど、各現場の既存ワークフローへの親和性を更に向上させた、より効果的なシステムの運用が行える様多くの改良点が盛り込まれています。

エミー賞を受賞

Hi-Motionシリーズはこれまで、オリンピック、ワールドカップ、アジア大会、世界陸上等の世界大会から、MLB、NFL、NBA、F1、Jリーグ、各種格闘技など、幅広いスポーツ中継の現場で採用されており多くの実績を上げてきました。この度、これら多くの実績が認められ、米国テレビ芸術科学アカデミー(NATIONAL ACADEMY of TELEVISION Arts and Sciences)より、第62回技術・工学エミー賞(Technical/Engineering Achievement Award)を授与されました。あらゆるスポーツ中継と番組制作の現場に於いて、優れたHDスローモーション映像の撮影に寄与したことが評価された結果です。


【日本国内でのHi-MotionIIの取り扱いについて】
日本国内ではレンタル専用機材として弊社ナックレンタルよりご提供させていただきます。
Hi-Motion IIのレンタルはこちら(ナックイメージテクノロジー)